薄毛の原因解明|女性らしいボリュームヘアを生み出す

女性

抜け毛の予防と改善

悩み

びまん性脱毛症の特徴

女性は出産後に一時的にホルモンバランスが崩れることが原因で抜け毛が増えることもありますが、それ以外でも様々な原因で薄毛になります。女性の薄毛のほとんどは「びまん性脱毛症」です。びまん性脱毛症は、髪の毛が細くなりコシがなくなる、髪の毛の量が全体的に減ってボリューム感がなくなるなどの特徴があります。びまん性脱毛症の原因のひとつとして考えられるのがストレスです。女性は40歳を過ぎたころになると、仕事や家庭や育児など沢山の問題を抱えてストレスがたまりやすくなります。ストレスがたまり自律神経が乱れることで髪の毛の成長が止まったり、抜け毛が増えたりします。ストレスを解消する方法を見つけることで、精神的に楽になり薄毛が改善されます。

人気の治療薬

昔は女性の薄毛はあまり注目されておらず、ケアをする方法は市販の育毛ローションを使うか、民間の育毛サロンに通うかという方法しかありませんでした。民間の育毛サロンはとても高額で、年間100万円以上かかるのが一般的です。限られたケアの仕方しかなかった女性の薄毛ですが、最近では女性でも通院できる薄毛治療のクリニックもあります。毛髪ミネラル検査などで抜け毛の原因を解明し、オーダーメイドの治療が受けられます。女性の薄毛に効果がある「パントガール」という治療薬もあります。男性のAGA治療薬「プロペシア」と同じように「飲む育毛剤」といわれていて、服用するだけで抜け毛が減る治療薬です。パントガールは薄毛治療をしているクリニックや輸入代行サイト経由で購入できます。

髪の悩みを改善する

薄毛

成人の多くの男性が、薄毛や抜け毛に対する悩みを抱えております。改善方法には国の認可を得た成分が配合された育毛剤が、特に人気となっているのです。育毛剤を利用するときは、医薬品と医薬部外品、化粧品の違いをしっかり見きわめて商品を選びましょう。

詳細を確認する

医療機関で薄毛の治療

薄毛

薄毛の治療をするところには、発毛クリニックや皮膚科などがあります。治療方針はクリニックによって違いますが、発毛クリニックではオーダーメイドの複合的な治療が、皮膚科では単剤処方での治療が基本となります。

詳細を確認する

医療機関での治療

悩み

薄毛治療のために医療機関を受診すると、主に内服薬を処方されます。男性の男性型脱毛症にはプロペシア、女性のびまん性脱毛症にはパントガールが定番です。どちらも飲む育毛剤と言われているほど効果が高い内服薬です。

詳細を確認する